.

一般的に任意保険という保険は強制保険になっている自賠責保険とは違って自賠責保険の範囲ではまかなうことが難しい補償を考慮している大切なより充実した保険です。

この任意の保険については自動車損害賠償責任保険の上乗せ保険として機能しますので、自賠責保険でまかなえる支払い能力を超えたときに働きます。

それに自賠責保険には対物損害については保証されていないのでそれをカバーする際には任意保険にも入ることをお勧めします。

もう任意保険を納付済みの自動車を売る時は、国内メーカーの自動車やアメ車というようなことは関係なく、残金が返ってきます。

日本の車を売る場合でも例外ではありません。

自賠責保険の場合は、基本的には放っておくのが通例ですが任意保険の場合、誰もが加入する保険ではないので解約になります。

それから中途解約した後は、現時点で 支払い済みの残っているお金が戻ってくるのです。

自動車売買が成立したとしても即任意保険の契約を解約するというのはリスキーです。

当然早く契約解除してしまえばそれだけ返ってくる額は多くなりますが、もしかしたら車買取店が離れた地域にあって自ら持っていくということになったケースでは任意保険なしで車の運転をする必要があります。

万が一のことに備えて絶対にこれから自分で運転をしない状況になる時まで契約の解約はされないようにする必要があります。

愛車を処分し、すぐに新たな自動車を買う場合だったら問題ないでしょうが、もししばらく乗らないような状態が継続して任意保険の意味がなくなってしまったらこのように任意保険に加入していない時間が存在すると、以前に続いていた等級が下がるので、任意保険の保険料が増えることがあります。

そういった時は「中断証明書」という書類を発行してもらうようにする必要があります。

この「中断証明書」があれば一定期間、中断前の任意保険の等級を引き継ぐことができるのです。

それから、13ヶ月以内ならば出してもらうことができるので現在愛車を売却済みで、「中断証明書」という書類を提示してもらっていない状況でしたら、その代理店にその旨を伝えたほうがいいと思います。

あなたが新たに自動車を購入することになって、購入した後に前に乗っていた中古車を査定に出すのであれば、任意保険はどちらか一方のみの契約です。

任意保険の更新ですから、運転する予定のある愛車であれば処分までには注意しなければなりません。

また任意保険というのは自動車の種類で価格が相当違ってきますから、買い取りの際は任意保険をチェックしてみる好機にもなります。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.mariinskyclarinetclub.com All Rights Reserved.