.

自動車損害保険には任意保険および自賠責保険というふたつの種別があります。

任意保険、自賠責保険の双方ともにもしものトラブルに遭った場合の補償に関するものですが内容や条件は少々違っているといえます。

ふたつの保険を比較すると補償できるものが多少一様とはいえません。

※相手については、「自賠責保険」「任意保険」の両方で補償します。

※自分自身については、[任意保険]によって補償されるよう取り決められています。

※自分の財産に対しては、<任意保険>によって補償できます。

自賠責保険単体では自分自身の傷や愛車を対象とした賠償などは受けることができません。

また相手方に対するサポートですが自賠責保険においては亡くなった場合は上限額3000万円・後遺障害時最高額で四〇〇〇万円といった具合に決まっています。

賠償金がこの値段を上回ることは結構な頻度で起こり得ます。

相手の所有するマイカー・家屋を毀損してしまったとき加害した者の自己補償になるのです。

そういった負担は個人には荷が重すぎるため任意保険という別の種類の保険が必要なのです。

被害を受けた人に対する支援を重視する任意保険というものにも実はそれ以外にも補償が用意されています。

※事故の相手方に対しては死亡時または傷、車両や建物といった様々な財産を補償してくれるのです。

※自らに対しては、同伴していた人も含め、死亡時もしくは傷害を賠償するのです。

※自分の所有する財産へは愛車を補償します。

このように数々の面での賠償が行き届いているのが任意保険における長所です。

保険の掛け金の支払いはもちろん必要となりますが、相手のためにも自分を安心させるためにも車に安心して乗りたいのであればお世話になっておいた方がよいでしょう。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.mariinskyclarinetclub.com All Rights Reserved.