.

車の事故は、自分だけの自損事故と別の人が関与した自動車の事故が存在します。自分だけの事故の場合には自分が処理をするだけで終了となりますが別の人を巻き込んだ自動車事故はどちら側にどれくらい不注意が存在するのかを確かめてこの状況によって修理費や示談金の額等が決定されますので、自動車保険会社の有識者にも参加してもらい話し合いが必要となります。普通の自動車の事故の際、お互いになんらかの落ち度があるケースが大部分でどちらかだけの手落ちだという場面は少ないようです。信号が赤でも進んでしまったり一時停止無視などはとても大きな手落ちになりますが被害を受けた側にも手落ちがあったと指摘されます。車の事故の場面ではどの人の手落ちで起きたのかということが物凄く重要なポイントになるのでこれを分かりやすく伝えるのが『過失割合』となります。一例として、先ほど記述した信号を無視してしまったり一旦停止無視状況であるならば交通法の上では相手の人が100%手落ちがあるように考えますが、もしその自動車が前方から来ており目視でチェックできたケースだったとしたら自動車事故の被害者でも注意不足として10%ほどの間違いがあると言われる時もあります。この場合では事故を起こした人が9割事故に巻き込まれた方が1割過失割合と決められ間違いが大きい方に大きな責任が問われる状況になります。さらに事故の割合それまでの事故の判例を元に結論付けられる状況が多く日弁連交通事故相談センターから発表されている基準となるものがものさしとして用いています。このような過失割合の、割り当てが大きければ大きいほど手違い、結果的に損害賠償額も大きくなる可能性が高いので、事故に関する交渉は事故当事者だけでなく自動車の保険屋さんの係りの方を交えてちゃんと協議することが不可欠です。

Copyright (c) 2000 www.mariinskyclarinetclub.com All Rights Reserved.