.

乗用車の全損とはその名称が示すように車の全機能が壊れてしまう状況言い換えれば走れない等移動手段として役を満たさなくなった場合に判断されますが乗用車の保険で決められている(全損)は少し異なる意味があったりします。車の保険においては車が破損した時に全損と分損という風に2つに仕分けされ『分損』は修復の費用が保険金内でおさまる事を言い表し反対に《全損》とは修理費が補償金の額より高くなる状況を表します。乗用車の修復で《全損》という場合車の心臓、エンジンに修理できない損害があったり、自動車の骨格がねじれてしまって直すのが不可能な時、リユースか廃棄と判断されるのが当然です。ですが、自動車事故で修理業者や車の保険屋さんがその修理のお金を見積もりした状態でどんだけ見かけが綺麗で直すことが可能である状況でも修復費が補償よりも大きかったらそもそもなんで自動車保険に加入しているのか分からなくなりそうです。そういう場合では【全損】と判定して自家用車の権利を自動車の保険屋さんに譲渡し保険金を貰うことになっています。もちろんかなりの期間乗り続けた自分の車で愛着があり自費で直して乗りたいと希望するドライバーはたくさんいらっしゃいますからケースに応じて車の保険の会社と相談するといいと思います。もっといえば、保険の種類によってはそういう時が想定され車両全損時諸費用補償特約等の全損のために特約が設けられている状態が存在し例え、愛車が【全損】なった時でも新しく車を買うなど必要費用を一部負担してくれる状況もあります。なお盗まれた時の保険額の特約をつけていたら盗まれたマイカーが見つからないケースでも全損とされ保険が適用されることになっているようです。

Copyright (c) 2000 www.mariinskyclarinetclub.com All Rights Reserved.